行ってよかった日本の展望スポットランキング

[2016/6/4 00:51]
東京都庁舎 展望室から見た高層ビル街

旅行者の口コミによる展望スポットランキング

旅行口コミサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」では、「行ってよかった!日本の展望スポット 2016」の名前で日本の展望スポットのランキングを公開しています。

旅行者から投稿された口コミをもとにしたランキングなので、少し定番を外したユニークなランキングとなっています。

なお、「展望スポット」はこの場合、地上より高い建物に設計された展望を楽しめる施設と定義し、山頂や岬の先端などにある展望ポイントは除外しています。

ここでは、ランキングの1位から5位までの写真と、20位までの表を掲載します。現地の写真と紹介文は、トリップアドバイザーの提供です。

「清水寺」(京都府)

トリップアドバイザー展望台ランキング始まって以来、1位を獲得し続けている『清水寺』。「雨でも風情あり」と言われるように、天気が悪い日でも京都随一のスポットとして不動の人気を誇っています。特に春、夏、秋の年3回な行われる期間限定の夜間特別参観は「夜の舞台からの眺め、市内の夜景、音羽の滝、奥の階段など素晴らしい景色を堪能出来ました。」「雄大で壮観な風景は圧巻」と昼と違う表情を見せる清水寺が美しいと絶賛の口コミが寄せられています。

「東京都庁舎」(東京都)

地上45階202メートルの高さにある『東京都庁舎』は、「東京タワーや六本木ヒルズ、東京スカイツリーにお台場まで東京中を見渡すことができる。天気が良ければ富士山も。タダでこれだけ楽しめれば満足。」と、タダで東京が一望できることを絶賛する口コミが多く投稿されています。東京を訪れる外国人観光客に人気のスポットとして有名な東京都庁舎ですが、「都内が一望できて、都内に住んでる人でも楽しめます。」と、都庁近辺で用事をすませた後にふらっと立ち寄りたい地元の人からも人気を集めているスポットです。

「亀老山展望公園 」(愛媛県)

展望スポットランキングに初めてランクインした『亀老山展望公園』は、「しまなみ海道の本命スポット」と言われる、知る人ぞ知る人気スポットです。来島海峡大橋とその付近の島々を一望できる絶景を堪能できるこの展望台は、「こちらの展望台は景観に配慮して、下から見上げても建造物が見えないように設計されており、外部から目立たない」と周りの景観に配慮し設計された施設自体にも特長があります。景色の良さはもちろんのこと「展望台自体の建築がとてもおしゃれでかっこいい」など、行ってみる価値があると口コミを集めている展望台です。

「東京シティビュー(六本木ヒルズ展望台) 」(東京都)

東京の象徴である東京タワーがよく見えるということで、「The Tokyo」と称される景色を一望できると人気のあるスポットです。屋上にあるスカイデッキは特に人気が高く、「東京タワー、東京駅方面、渋谷・神宮方面、新宿方面を綺麗に見ることができるパノラマ展望台は、東京屈指といえる。」と絶賛の口コミが集まっています。お酒を飲めるスペースもあるため、「大人な夜には打ってつけの夜景スポット」とカップルにおすすめのスポットです。

「大倉山ジャンプ競技場」(北海道)

『大倉山ジャンプ競技場』は、「ジャンプスタート地点の展望台から一望できる札幌市内の壮大な景色と下を見下ろした時の迫力で興奮してしまう」と、人気を集めているスポットです。展望台にのぼるリフトや隣接しているウインタースポーツミュージアムでのスキージャンプのバーチャル体験など、景色を眺めるほかにもアトラクションがあるのも魅力の一つと言えます。「必ず行くべき」という口コミも多く、札幌の名物観光地の一つとなっています。

「行ってよかった日本の展望スポット2016」一覧

※カッコ内は昨年度順位
[シニアガイド編集部]