外国語と日本語の口コミで選ばれた「東京」の観光スポットランキング

[2017/5/14 00:00]
東京都庁展望室からの夜景

2つの面から見た観光スポットランキング

旅行サイト「トリップアドバイザー」が、2016年に日本の観光地に寄せられた口コミを基に、「観光スポットランキングTop10」を公開しています。

ここでは、東京都の観光スポットについて、外国語の口コミと日本語の口コミをもとに、それぞれのランキングを掲載しています。

外国人観光客の目から見たランキングと、日本人の目から見たランキングでは、微妙な違いがあり、比較の楽しみがあります。

ランキングと出典のある写真はトリップアドバイザーの提供です。

出典のない写真はフォトライブラリー、各スポットの解説は編集部によるものです。


【外国語口コミによる「東京」観光スポットランキング】

1位:アキバフクロウ(千代田区)

出典:トリップアドバイザー

「アキバフクロウ」は、完全予約制のフクロウカフェです。

清潔な店内で、たくさんのフクロウと触れ合うことができます。

専属カメラマンに撮ってもらった記念写真をポストカードにしてもらえます。

http://akiba2960.com/jp/

2位:新宿御苑(新宿区)

皇室の庭園として造られ、戦後に一般公開された大規模な公園です。

広さ58.3ha、周囲3.5kmの庭園には、約1万本の樹木が植えられています。

とりわけ、わが国に初めて取り寄せられたユリノキ、プラタナス、ヒマラヤシーダー、ラクウショウなどの巨樹が独特の景観を形づくっています。

千本を越える桜も、春の大きな魅力となっています。

http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

3位:明治神宮(渋谷区)

「明治神宮」は、明治天皇と、皇后の昭憲皇太后を祭神とする神社です。

1920年に創建された当時に行なわれた12万本以上の植樹が、時代の変化によって自然林に近い状況に変化しています。

人気が少ないときに、玉砂利が敷き詰められた参道を歩いていると、都会の中とは思えない雰囲気が味わえます。

また、初詣の定番スポットで、元旦前後は日本一の人出で混み合います。

http://www.meijijingu.or.jp/

4位:東京都江戸東京博物館(墨田区)

江戸や東京の文化をテーマとした博物館で、常設展示室には、原寸大の日本橋を渡って入場します。
江戸ゾーンは、原寸大で再現された建物や、大型の模型、ジオラマなどを利用した、わかりやすい展示が特徴です。

東京ゾーンは、関東大震災や東京大空襲などの展示もあり、東京という都市の歴史を知ることができます。

https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

5位:サムライミュージアム(新宿区)

出典:トリップアドバイザー

鎧、兜、刀など、「侍の歴史」を体感できるミュージアムです。

鎧兜などを着ての侍体験、館内で行われる居合見学などの用意されており、外国人観光客の人気が高い施設です。

http://www.samuraimuseum.jp/

6位:築地市場(中央区)

銀座から歩いていける距離にある公設の卸売市場です。

鮮魚を中心に、青果や水産加工品も扱っており、東京の食を支える存在です。

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/info/01/

7位:東京都庁舎(新宿区)

東京都の本庁舎で、見学の中心は無料の展望室になります。

45階、202mの高さに、北と南の2つの展望室があり、2つを行き来することで東西南北の四方を見渡すことができます。

隣接した新宿高層ビル街、都心方面の夜景、関東平野の向こうに立つ富士山など、見どころが多い展望室です。

http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/

8位:両国国技館(墨田区)

大相撲の本場所が東京で行なわれる際の会場です。

近年の相撲人気で入場券の入手は難しくなっています。インターネット予約を利用しましょう。

大相撲以外の格闘技イベントの会場になることも多く、1階では桟敷席の雰囲気を味わうことができます。

なお、大相撲が行なわれていない時期でも、平日であれば「相撲博物館」が開場しており、相撲に関する展示を見ることができます。

http://www.sumo.or.jp/Kokugikan/

9位:浅草寺(台東区)

飛鳥時代に開かれた、東京随一の歴史を歴史を持つ寺院です。

周辺一帯は、「仲見世」と呼ばれる商店街、たくさんの記念碑や小堂など、見どころが多く、多くの観光客で賑わいます。

不定期に公開されている伝法院の日本庭園も隠れた名所です。

http://www.senso-ji.jp/

10位:根津美術館(港区)

実業家の根津嘉一郎氏のコレクションをもとにして、1941年に開館した美術館です。

国宝と重要文化財を含む、日本と東洋古美術コレクションを展示の中心です。

2009年に建てられた和風家屋を思わせる本館や、起伏に富んだ庭園など、展示物以外にも魅力の多い施設です。

http://www.nezu-muse.or.jp/


【日本語口コミによる「東京」観光スポットランキング】

1位:JAL工場見学 Sky Museum(大田区)

出典:トリップアドバイザー

日本航空(JAL)が社会貢献活動「空育」の一環として行なっている無料見学です。

1時間40分のコースで、展示エリア、航空教室、格納庫見学の3つを巡ります。

インターネットによる事前予約が必要です。

https://www.jal.co.jp/kengaku/

2位:新宿御苑(新宿区)

皇室の庭園として造られ、戦後に一般公開された大規模な公園です。

広さ58.3ha、周囲3.5kmの庭園には、約1万本の樹木が植えられています。

とりわけ、わが国に初めて取り寄せられたユリノキ、プラタナス、ヒマラヤシーダー、ラクウショウなどの巨樹が独特の景観を形づくっています。

千本を越える桜も大きな魅力となっています。

http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

3位:東京タワー(港区)

1957年に完成した電波塔です。

東京スカイツリー完成までは、都内をはじめとする首都圏のテレビ/ラジオ放送の中心でした。

高さは333mで、150mの大展望台と、250mの特別展望台からの景観が楽しめます。

2017年5月現在、特別展望台はリニューアル工事のため営業休止中です。

https://www.tokyotower.co.jp/

4位:千鳥ヶ淵(千代田区)

「千鳥ヶ淵」は、皇居の西側にある内堀です。

この一帯は桜の名所で、堀に沿った「千鳥ヶ淵公園」や「千鳥ヶ淵緑道」には、たくさんの花見客が訪れます。

http://kanko-chiyoda.jp/tabid/1118/default.aspx

5位:迎賓館赤坂離宮(港区)

「迎賓館赤坂離宮」は、日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

1909年に東宮御所(皇太子の住まい)として建設され、後に赤坂離宮となりました。

1974年に、外国の賓客を迎えるための迎賓館として改修されました。

外国からの賓客の接遇に支障のない範囲で一般公開を行なっているため、事前にホームページで確認が必要です。また、前庭のみ公開される場合もあります。

http://www8.cao.go.jp/geihinkan/

6位:明治神宮(渋谷区)

「明治神宮」は、明治天皇と、皇后の昭憲皇太后を祭神とする神社です。

1920年に創建された当時に行なわれた12万本以上の植樹が、時代の変化によって自然林に近い状況に変化しています。

人気が少ないときに、玉砂利が敷き詰められた参道を歩いていると、都会の中とは思えない雰囲気が味わえます。

また、初詣の定番スポットで、元旦前後は日本一の人出で混み合います。

http://www.meijijingu.or.jp/

7位:東京競馬場(府中市)

1933年に開場した歴史のある競馬場です。

広大な敷地に、美しい芝生のコースや大きなスタンド席、質の高いレストランなど、公園としても楽しめる施設です。

レース開催日以外にも、馬券販売などで開場していますが、事前の確認をおすすめします。

http://www.jra.go.jp/facilities/race/tokyo/

8位:キッザニア 東京(江東区)

「キッザニア 東京」は、ららぽーと豊洲のNORTH PORT内にあります

「キッザニア 東京」は、3~15歳の子供を対象にした、楽しみながら社会のしくみが学べる「こどもが主役の街」です。約100種類の仕事やサービスを「アクティビティ」として体験できます。

当日券もありますが、基本的には予約が必要です。アクティビティの種類も多いので、事前に子供と相談しておきましょう。

大人は、子供が体験する様子を見学することが前提ですから、そのつもりで準備しておきましょう。

http://www.kidzania.jp/tokyo/

9位:皇居東御苑/旧江戸城本丸跡(千代田区)

江戸城の天守は明暦の大火で焼失し、台座のみが再建されました

皇居東御苑は,旧江戸城の本丸、二の丸、三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたもので,1968年から公開されています。

入場は無料で、入り口でプラスチック製の入園票を受け取り,退園の際に返却します。

月曜日と金曜日の休園日以外に、行事などの関係で入場できない場合があります。

http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

10位:ANA機体工場見学(大田区)

羽田空港周辺にある全日空(ANA)の格納庫で、機体整備の様子を見学できます。

飛行機と整備についての説明と、整備関連のビデオ上映の後で、整備作業中の飛行機が見学できます。

予約は6カ月前から受け付けており、インターネットで予約状況が確認できます。

https://www.ana.co.jp/group/kengaku/

2016年人気の観光スポットTop10一覧

出典:トリップアドバイザー
出典:トリップアドバイザー
[シニアガイド編集部]