この夏も、海外旅行は「ハワイ」、国内旅行は「沖縄」が一番人気

[2017/7/13 00:00]
ラニカイビーチ/ハワイ オアフ島東部

この夏もハワイが一番人気

旅行代理店のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)が、夏休みの旅行予約動向を公開しています。

このデータは、2017年7月15日~9月30日を旅行期間とするH.I.S.の海外ツアー/航空券の、6月29日現在の販売実績です。

ワイキキビーチ/ハワイ オアフ島南部

海外旅行の渡航者ランキングは、定番の国/地域が並んでいますが、1位はやはり「ハワイ」でした。

  • 1位:ハワイ
  • 2位:ソウル
  • 3位:グアム
  • 4位:台北
  • 5位:バンコク

H.I.S.では「夏の繁忙期にあわせて、航空会社各社が需要旺盛なハワイ路線に注力しており、日本航空による成田線増便、エアアジアXによる関空線のLCC新規就航、デルタ航空による福岡線の増便などが功を奏し、例年座席確保が難しい路線において、夏の予約増につながった」と分析しています。

東欧/北欧の人気が高まる

スロベニアの首都リュブリャナの名所「三本橋」

昨年と比べて旅行者が増えた「伸び率ランキング」では、ヨーロッパの旅行先が増えました。

1位と2位は、東欧・北欧への関心が高まっていることの反映です。豊かな自然と歴史的街並みが残り、物価も西欧に比べお得感があることから人気が高まっています。

  • 1位:スロベニア
  • 2位:リスボン/ポルトガル
  • 3位:メキシコシティ
  • 4位:イエローナイフ/カナダ
  • 5位:ロバニエミ/フィンランド

3位のメキシコシティは、2017年2月より全日空が就航したことにより、中米へ行きやすい環境になったことも影響しています。

4位と5位はオーロラが鑑賞できる地域です。白夜が終了した後で、鑑賞できる確率が高くて見やすい夏がシーズンです。

イエローナイフでのオーロラ

国内旅行は「沖縄」が人気

沖縄本島本部町の「エメラルドビーチ」

国内旅行先の人気ランキングでは、「沖縄」が1位でした。

沖縄の透明度の高いビーチでの海水浴が人気です。

  • 1位:沖縄
  • 2位:北海道
  • 3位:九州
  • 4位:中国/四国

夏の北海道は、自然が生み出す幻想的な絶景スポットである「雲海テラス」がある「星野リゾートトマム」や、旭山動物園が人気です。

「雲海テラス」は2017年は5月13日から10月16日の期間限定なので、初夏から初秋にかけてがシーズンです。

「雲海テラス」からの眺望
[シニアガイド編集部]