2018年の大河ドラマ「西郷どん」を知る10のスポット

[2018/1/2 00:00]
東京 上野恩賜公園「西郷隆盛銅像」

西郷隆盛の関連スポット ランキング

2018年1月7日から始まる、NHKの大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」に合わせて、旅行サイトのトリップアドバイザーが、『口コミによる、「西郷どん」を知る10のスポット』を公開しています。

トリップアドバイザーによる写真と解説でお楽しみください。

1位:西郷南洲顕彰館 (鹿児島県鹿児島市)

出典:トリップアドバイザー

西郷隆盛の生涯を丸ごと学ぶことができる専門博物館です。

西郷隆盛没後100年の記念事業として、全国の方々からの寄付により建立された資料館が中心です。
施設の名称となっている「南洲」は西郷隆盛が文筆活動で使っていた号です。

西郷南洲顕彰館

2位:西郷隆盛宿陣跡資料館 (宮崎県延岡市)

出典:トリップアドバイザー

薩摩軍と官軍が戦った激戦「和田越の決戦」で敗北を喫した西郷隆盛軍が、宿陣をはった民家です。
ここで薩軍解散の命が出され、西郷隆盛は陸軍大将の軍服を焼いたと言われています。

現在は資料館として整備され、隆盛愛用の遺品や戦争資料が展示されています。当時の軍議の様子を再現した部屋があります。

西郷隆盛宿陣跡資料館

3位:城山/西郷隆盛洞窟 (鹿児島県鹿児島市)

城山からの眺め 出典:トリップアドバイザー

市街地の中心部に位置する標高107メートルの小高い山です。

鹿児島のシンボルである桜島、錦江湾そして市街地を眺めることができる「城山展望台」があります。

西郷隆盛洞窟 出典:トリップアドバイザー

城山は西南戦争最後の激戦地になった場所として知られています。

薩軍本営が置かれた「西南戦争薩軍本営跡」が「ドン広場」と呼ばれる広場の近くに、敗走した西郷軍が立てこもった『西郷隆盛洞窟』が中腹にあります。

城山観光コース
西郷隆盛洞窟

4位:維新ふるさと館 (鹿児島県鹿児島市)

出典:トリップアドバイザー

鹿児島の歴史が一目で分かる資料館です。

地下1階の維新体感ホールでは、西郷隆盛や大久保利通の等身大ロボットやマルチスクリーンにより臨場感あふれるドラマが展開されます。

西郷さんの軍服や大久保さんのフロックコートを実物大で試着できるコーナーもあるそうです。

維新ふるさと館

5位:南洲神社と南洲墓地 (鹿児島県鹿児島市)

出典:トリップアドバイザー

西郷南洲顕彰館から歩いてすぐの場所に、南洲墓地と南洲神社が隣り合わせにあります。

南洲墓地には、西郷隆盛をはじめ、西南戦争で戦死した薩軍2千人以上の将兵が眠っています。

1879年(明治12年)に設けられた参拝所が、1922年に西郷隆盛を祭る「南洲神社」となりました。公園から眺める桜島は絶景です。

南洲神社

6位:永国寺 (熊本県人吉市)

出典:トリップアドバイザー

永国寺は、幽霊の掛軸があることから「幽霊寺」とも呼ばれています。

西南戦争では熊本から退却した西郷隆盛率いる薩軍が本陣を構えて33日間在陣し、境内には「西郷本営跡碑」があります。

戦火で全焼した永国寺ですが、明治24年に本堂が再建されました。

また、永国寺の裏手にある洞窟は、薩軍が塩をはじめとする兵糧を納めたので、「西郷さんの塩蔵」と呼ばれています。

人吉温泉観光協会

7位:西郷南洲謫居跡 (鹿児島県龍郷町)

出典:トリップアドバイザー

西郷隆盛は藩政府から命じられ、奄美大島の龍郷町というところで「菊地源吾」と改名し、潜居生活を送っていました。

そこで3年間過ごし、地元の女性 愛加那(あいかな)を妻に迎え、一男一女をそこでもうけたと言われています。

ここは実際に西郷隆盛が家族と暮らしていた場所で、西郷ゆかりの品や、勝海舟が碑文を書いた石碑などを見ることができます。

西郷南洲謫居跡

8位:西郷隆盛誕生地碑 (鹿児島県鹿児島市)

出典:トリップアドバイザー

西郷隆盛はこの地で文政10年に誕生しました。

育った家は、鹿児島城下を流れる甲突川の河畔地域にあり、敷地は明治時代より公園化されています。

鹿児島市加治屋町は、西郷隆盛以外にも、大久保利通、東郷平八郎、大山巌など、多くの偉人の出身地として知られています。

西郷隆盛誕生地

9位:西郷隆盛終焉の地 (鹿児島県鹿児島市)

出典:トリップアドバイザー

1877年(明治10年)年9月24日未明、城山を包囲した官軍は一斉に砲撃を開始し、西郷軍は敵陣めがけて岩崎谷を駆け下り、最後の抵抗を示しました。

西郷隆盛は腰と太ももに銃弾を受け、別府晋介の介錯によって最後を遂げたと言われています。

西郷の介錯を行った別府晋介も自刃し、切腹を見守っていた桐野利秋、村田新八などは再び岩崎口に突撃して戦死し、西南戦争が終結しました。

西郷隆盛終焉の地

10位:西郷隆盛銅像 (鹿児島県鹿児島市)

出典:トリップアドバイザー

軍服を着た迫力ある西郷隆盛像が城山を背景にして建っています。

鹿児島県出身の彫刻家・安藤照による作品で、1937年に完成しました。安藤照氏は、「忠犬ハチ公」の制作者でもあります。

西郷隆盛銅像

各地にある関連スポット

東京 上野恩賜公園にある「西郷隆盛銅像」

トリップアドバイザーのランキングは、西郷隆盛の故郷であり、終焉の地である鹿児島県が中心となっています。

しかし、西郷隆盛は広く活躍した人物だけに、全国各地に関連スポットがあります。

例えば、東京都では、台東区上野公園の「西郷隆盛銅像」、港区の「江戸開城 西郷南州 勝海舟 会見之地」が代表的です。

2018年は、大河ドラマの開始にともなって、各地のスポットも賑わうでしょう。

ぜひ、「西郷隆盛」+地名で検索して探してください。

あなたの地元でも、意外な関連スポットが見つかるかもしれません。

西郷隆盛銅像|東京都
江戸開城 西郷南州 勝海舟 会見之地|港区

[シニアガイド編集部]