夏休みの海外旅行は8月11日出発が人気。行き先は「ホノルル」

[2018/7/5 00:00]
ワイキキビーチ(ハワイ)

この夏の海外旅行予約

旅行会社のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)が、「夏休みの海外旅行動向」を公開しています。

これは、2018年7月14日~9月30日までの海外旅行予約動向をまとめたものです。

渡航先の1位は「ホノルル」

渡航先の1位は、10年連続で「ホノルル(ハワイ)」でした。

渡航先 人気ランキング

  • 1位:ホノルル
  • 2位:ソウル(韓国)
  • 3位:台北(台湾)
  • 4位:グアム(アメリカ)
  • 5位:バリ島(インドネシア)

また、航空券とホテルを組み合わせた「自由旅行」では、「バンコク(タイ)」や「シンガポール」も人気となっています。

出発日は8月11日が人気

海外旅行への出発日は、8月11日が一番人気です。

出発日 人気ランキング

  • 8月11日(山の日)
  • 8月10日
  • 7月14日(海の日を含む3連休前)
  • 8月12日
  • 8月9日

2018年は、迎え火の8月13日が月曜日、送り火の8月16日が木曜日で、その前の週末から続けて、長い休みが取りやすい日程となっています。

8月11日の山の日からならば6連休。8月17日も休むと最大9連休も可能です。

例年に比べ、長期の休暇が取りやすく、海外旅行に適した年と言えるでしょう。

2018年8月前半のカレンダー
[シニアガイド編集部]