9連休の可能性もある今年のお盆休み。人気の旅行先は「ハワイ」と「北海道」

[2019/7/9 00:00]

お盆休みは9連休の可能性も

2019年の8月のカレンダーを見ると、8月11日の「山の日」が日曜日なので、12日の月曜日が振替休日となります。

もし、8月13日の火曜日から15日の木曜日までお盆休みが取れると「6連休」、さらに16日の金曜日も休めると「9連休」も可能な日程です。

カレンダー通りで「10連休」だった、5月の大型連休ほどではありませんが、旅行に行くのに向いている配置なのです。

「ハワイ」が1位に上昇

日本旅行業協会(JATA)がまとめた、今年の夏休みの旅行先ランキングを見てみましょう。

まず、海外旅行からです。

  • 1位:ハワイ
  • 2位:台湾
  • 3位:タイ
  • 4位:シンガポール
  • 5位:ベトナム
  • 6位:香港
  • 7位:韓国
  • 8位:グアム
  • 9位:イタリア
  • 同率10位:中国
  • 同率10位:フィリピン

1位の「ハワイ」は、昨年の2位から上昇しました。

旅行業者のコメントでは、「大型機の就航でメディアの露出が多く需要の喚起につながっている」としています。

今年の5月から、全日空が超大型機「エアバス A380-800」をハワイ路線に就航させ、テレビなどで大きく取り上げられています。

A380は、2階建てで、全日空の仕様では520席もある超大型機です。また、ハワイにちなんだウミガメの特別塗装も話題となっています。

ハワイ以外では、「アジアンリゾートへの夫婦、女性グループの参加が増えている」というコメントがあり、近場のアジア方面への少人数旅行が増えているようです。

「北海道」と「沖縄」が安定した人気

次に国内旅行のランキングです。

  • 1位:北海道
  • 2位:沖縄
  • 3位:東京(東京ディズニーランド含む)
  • 4位:大阪
  • 5位:九州

国内旅行の順位は、昨年と変わっていません。

1位の北海道については「季節的に過ごしやすく人気が高い」と夏の定番になっているというコメントがありました。

また、「北海道の格安航空会社(LCC)利用による価格がお値打ちになっている」と価格面での魅力もあるようです。

2位の沖縄については、「新空港ができた宮古島の問い合わせが多い」など、沖縄本島以外にも人気が広がっているようです。

夏の国内旅行先は安定した人気に支えられる一方で、新しい魅力も備えているようです。

[シニアガイド編集部]