男性シニアの7割は「暑いときは汗をかくのが自然。特に気にしていない」と思っている

[2016/6/15 00:00]

汗と制汗剤に関するアンケート

情報インフラ運営会社のプラネットが「汗と制汗剤に関する意識調査」の結果を発表しています。

アンケートはインターネット上で行なわれ、4,731人が回答しています。

グラフの出典はプラネットです。

年齢が高い男性は汗をかくことに肯定的

まず、「自分がかく汗についての考え方」を質問しています。

1番多いのは「汗をかくのは仕方がない。ただ目立たないようにしたい」でした。以下、「できることなら、汗はかきたくない」、「暑いときは汗をかくのが自然。特に気にしていない」「絶対に、汗はかきたくない」の順でした。

汗に対して肯定的な回答である「暑いときは汗をかくのが自然。特に気にしていない」と回答した人は28.5%に留まっています。

全体の約70%の人は、できれば「汗をかきたくない」と思っています。

また、女性より男性が、同じ男性でも年齢が上がるにつれて、汗に対して肯定的な回答が増えています。

例えば、「暑いときは汗をかくのが自然。特に気にしていない」と回答している40代の女性は9.4%ですが、40代の男性は23.8%もいます。

さらに、50代男性では36.2%、60代男性では52.7%、70代男性になると70.1%の人が「暑いときは汗をかくのが自然。特に気にしていない」と回答しています。

女性でも、同じ傾向はありますが、男性ほど強くありません。それでも60代女性の24.1%、70代以上の女性の50.0%は、「暑いときは汗をかくのが自然。特に気にしていない」と回答しています。

汗についての考え方

汗をかくことで気になるのは、周囲の人への不快感

「自分の汗について、具体的にどんなことが気になるか」を聞いています。

男女ともに「ニオイ」と「汗ジミ」という回答が多く、周囲の人に不快感を与えることを気にしていることがわかります。

それに比べると「ベタベタして不快」や「衣服が体に貼り付いてしまう」などの、自分で感じる不快さは後回しになるようです。

また、女性では「メイクが落ちてしまう」を挙げている人も多くいます。

汗をかくことで気になる点

汗対策は「ハンカチ」「制汗剤」「うちわ」

「汗対策として行なっていること」という質問では、「ハンカチ」「制汗剤」「うちわ/扇子」「タオル」などの汗対策グッズが挙がっています。

「制汗剤」を使っている人は、女性に多く57.4%の人が使っていて、汗対策グッズの1番になっています。

しかし、男性で制汗剤を使っている人は、27.8%で、「タオル」「ハンカチ」「うちわ/扇子」に続く4位に留まっています。

汗対策として行なっていること

制汗剤に求める機能は男女で異なる

「制汗剤を選ぶ際に重視するポイント」という質問では、制汗剤に求める効果に、男女で大きな違いがあることがわかりました。

男性が重視するのは「制汗効果」ですが、女性が重視するのは「消臭効果」です。

また、女性では「香り」を挙げる人も多く、汗によるニオイ対策を重視していることがわかります。

制汗剤を選ぶ際のポイント
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!2月6日(火) 16:00まで