「高齢者」「シルバー」「老人」「お年寄り」「シニア」の中では、どれが一番年上と感じるか

[2016/8/9 00:00]

呼び名から想定される年齢の違い

博報堂生活総合研究所の「シルバー調査」は、過去30年に渡って首都圏の60歳~74歳の男女に対して行なわれている貴重な調査です。

いろいろと面白いデータがあるのですが、今回は「シルバー世代に対する意識」という項目を見てみましょう。

調査の質問文は「次のa)~e)それぞれについて、あなたのお考えでは何才位からだと思われますか。( )内に年齢をお書きください。」というものです。

a)~e)には、「高齢者」「シルバー」「老人」「お年寄り」「シニア」が入ります。

ここでは、2016年の調査の平均値を見てみましょう。

  • 高齢者 72.16歳
  • シルバー 68.94歳
  • 老人 75.38歳
  • お年寄り 74.86歳
  • シニア 65.53歳

若い順に並び替えて見ましょう。

  • シニア 65.53歳
  • シルバー 68.94歳
  • 高齢者 72.16歳
  • お年寄り 74.86歳
  • 老人 75.38歳

つまり、「シニア」と「シルバー」は60代後半、「高齢者」と「お年寄り」は70代前半、「老人」は70代後半をイメージさせるようです。

時代によって、想定される年齢は変化する

なお、1986年からの調査結果をグラフにしてみると、さらに面白いことがわかります。

  • 「お年寄り」と「老人」は、だんだん想定される年齢が高くなっている
  • 以前は「老人」の方が「お年寄り」より若く感じていたが、今年の調査で入れ替わった
  • 「高齢者」は71歳~72歳で安定している
  • 「シニア」は今年の調査で新しく入った言葉だが、従来からある言葉よりも若いと感じている人が多い

一見、同じように見える年齢の高い人を表す言葉でも、このようなニュアンスの違いがあることを覚えておくと、「失礼だ」と反発されることを未然に防ぐことができるかもしれません。

呼び名から想像される年齢 出典:博報堂生活総合研究所「シルバー調査」から編集部が作成
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!2月6日(火) 16:00まで