60代前半の5割がスマホユーザー、LINEを使う人は3割

[2016/9/16 00:00]

ビデオリサーチのシニア研究プロジェクト「ひと研究所VRエイジング・ラボ」が、「シニアのスマホ利用」についての調査結果を公開しています。

シニアへのスマホの普及率は、若年層には及びませんが、普及の伸びが大きいことがわかりました。

調査対象は、東京50km圏の12~74歳男女で、有効回答数は5,062人です。

60代前半は2人に1人がスマホユーザー

年齢別の携帯電話の種別を調べると、シニア層にもスマホが普及していることがわかります。

スマホユーザーは、60~64歳では2人に1人、65~69歳では3人に1人、70~74歳では4人に1人の割合でした。

スマホの所有率は、すべての年代で昨年よりも伸びています。特に、60代を中心にシニア層の伸びが大きくなっています。

また、シニア層は若年層に比べて普及率が低く、普及の余地を残しているといえます。

年代別のスマホ利用率 出典:ビデオリサーチ

60代前半のLINE利用率は3割

同じように「LINE」の利用率を調べると、60~64歳では3割に届きかけています。

65~69歳では2割弱、70~74歳は1割弱と、まだ普及率は低いのですが、前年と比べると伸びています。

シニア層のLINEの利用率 出典:ビデオリサーチ

また、別途、LINEの使い方について、55~74歳の男女1,166人にアンケートしています。

それによれば、多くは家族との日常的な連絡手段として、LINEは使われています。また、友達同士でも使う人が増えており、会合のスケジュールや場所のやり取りなどの情報交換に利用されています。

つまり、シニア層のLINEの利用目的は、若者と大きく変わりないことがわかりました。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!2月6日(火) 16:00まで