旅行の予約はパソコンが55%、スマホが23%

[2016/12/20 00:00]

Web広告のテクノロジー企業であるCriteo S.A.(クリテオ、本社:フランス)が、「国内・海外旅行の実態および旅行予約に関する意識調査」の結果を公開しています。

オンラインでの旅行予約および国内/国外の旅行経験者である、全国の20~59歳の男女600名を対象としたアンケートです。

旅行予約はパソコンが主流

「旅行予約をどのような方法で申し込むことが多いですか」という質問に対して、オンライン予約が8割に達しています。

機器別で見ると、パソコンが55%、スマホが23%で、リアル店舗の店頭で申し込む人は21%に留まっています。

オンラインでの予約経験がある人を対象としたアンケートのため、一度、オンライン予約の便利さを知ると、店頭での予約に戻る人は少ないことが分かります。

なお、オンライン予約をスマホでする割合についてみると、40代までは20%台ですが、50代は9%と急に少なくなります。

50代は、まだスマホ慣れしていないことが分かります。

旅行予約をスマホで済ませる人は30代までが多い 出典:Criteo S.A.

国内旅行は3カ月前、海外旅行はもっと前から検討開始

旅行を予約する際の「情報収集開始時期」と「旅行予約時期」を聞いています。

国内旅行では、情報収集開始時期は「出発3カ月前」が38%、「出発1カ月前」が36%でした。

旅行の予約をする時期は「出発1カ月前」が45%、「出発3カ月前」が32%でした。

国内旅行の場合、旅行を予定している日程の3カ月前か、1カ月前が検討/予約時期のようです。

一方、海外旅行では、情報収集開始時期が「出発3カ月前」が48%、「出発1ヶ月前」が25%でした。

旅行の予約をする時期は「出発3カ月前」が39%、「出発6カ月前」が28%で、国内旅行よりも早い時期になっています。

海外旅行の場合、旅慣れた人は、かなり早い時期から検討を始めて、「出発6カ月前」には予約を入れてしまうようです。また、8割の人は「出発3カ月前」までに予約を済ませています。

海外旅行は6カ月前から、国内旅行は3カ月前から検討する人が多い 出典:Criteo S.A.

国内旅行は6万円、海外旅行は15万円が旅行費用の目安

「国内旅行・海外旅行の1回あたりの旅行費用」を聞いています。

国内旅行では「4~6万円未満」と「2~4万円未満」が、それぞれ3割前後でした。

「6万円未満」までで7割近くを占めており、6万円以上かける人は少ないことが分かります。

海外旅行では、「8~10万円未満」が一番多く、「6~8万円未満」と「10~15万円未満」が続きます。

国内旅行よりも旅行費用は高めです。ピークは8万円ぐらいですが、15万円までかける人も少なくありません。

国内旅行は6万円までが多く、海外旅行は6~15万円ぐらいが多い 出典:Criteo S.A.
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!2月6日(火) 16:00まで