不動産投資は、4割の投資家が「失敗」している

[2017/5/11 00:00]

専門情報サイトによるアンケート

副業として人気のある「不動産投資」ですが、投資を失敗した経験がある人が4割以上もいることが分かりました。

このアンケートは、不動産投資の情報サイト「健美家(けんびや)」が、インターネットで行なったもので、サイトの会員456人が回答しています。

40%以上が失敗経験者

「収益物件を保有したことがある」人のうち、「失敗したことがある」人は40.7%、「失敗したことがない」は59.3%でした。

不動産投資をした人の4割は、失敗した経験があります。

出典:健美家

一番の失敗理由は「空室が埋まらなかった」

失敗の原因の1位は「空室が埋まらなかった」で36.6%でした。

次いで「修繕費や維持費に出費がかかりすぎた」が31.1%、「相場より高く買ってしまった」が29.9%です。

また、「新規の入居者の素行が悪かった」、「物件価格が下落した」などの例もありました。

投資で儲けるには知識が必要

逆に「失敗したことがない」人に理由を聞くと、「本をたくさん読んで、知識を身につけた」が一番多くなっています。

2位以下を見ても、不動産屋に質問したり、セミナーに通うなど、知識を身につけるのが一番の対策となっているようです。

当たり前のことですが、「不動産投資」は、誰がやっても必ず成功するというわけではありません。儲けるためには、きちんと勉強して知識を身につける必要があることが分かります。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!2月6日(火) 16:00まで