ついに8割を超えた、シニアのスマートフォン利用率

[2021/8/12 00:00]

シニアの携帯電話事情調査

マーケティング会社のMMD研究所が、「シニアの携帯電話利用状況」の調査結果を公開しています。

2021年7月に行なわれたインターネット調査には、60歳~79歳の男女1万人が回答しています。

この調査により、シニア層のスマートフォン(スマホ)利用が、8割を超えていることが分かりました。

スマホ利用が8割を超える

回答者1万人のうち、携帯電話などのモバイル端末を所有している人は93.8%でした。

主に使っている端末を聞くと、「スマホ」が84.7%、「フィーチャーフォン(ガラケー)」が11.4%でした。

この2つ以外では、4G対応のケータイ端末(ガラホ)が3.9%あります。

出典:MMD総研

ガラケーユーザーの半分はスマホに乗り換えたい

ガラケーおよびガラホの利用者1,334人に、スマホに乗り換えたいかと聞いています。

「いますぐにでも乗り換えたい」が2.5%、「いますぐにではないが、乗り換えを検討している」が45.7%でした。

ほぼ半分の人が、スマホへの乗り換えをしたいと考えています。

出典:MMD総研

9年間で入れ替わった両者のシェア

スマホの利用率は、前回の調査では77%でしたが、今回はさらに増えて80%を超えています。

2012年の調査では、スマホが1割、ガラケーが9割でしたが、たった9年間で入れ替わりました。

ガラケーおよびガラホから、スマホへの乗り換えを考えているユーザーも多いことから、スマホのシェアは、さらに増えていくと思われます。

出典:MMD総研
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで