60代のスマホ利用率は5年前の6倍

[2017/7/10 00:00]

スマホの普及率は70%を超える

総務省が携帯電話の利用率についてレポートを公開しています。

この調査は、13歳から69歳までの男女1,500人を対象に、平日2日間の行動を調査票に記入する形で行なわれました。

全年代の利用率は、「スマートフォン(スマホ)」が71.3%、「フィーチャーフォン(ガラケー)」が35.2%でした。

2台以上持っている人がいるため、スマホとガラケーの合計は100%を超えています。

50代まではスマホ、60代はガラケー

年代別に見ると、10代から50代まではスマホの方が多く、60代のみガラケーの方が多くなっています。

特に、20代と30代ではスマホの普及率が90%を超えており、ほぼ行き渡った状態になっています。

出典:データを基に編集部が作成

なお、ガラケーの方が多い60代についても、スマホの利用率は過去5年間で6倍に増えています。少しずつですが、普及が進んでいることが分かります。

出典:データを基に編集部が作成

LINEとスマホの関係

このレポートでは、SNSの利用率も調べていますが、LINEの普及率が一番高くなっています。

面白いことにスマホの普及率とLINEの普及率をグラフ化してみると、良く似たカーブになっています。

つまり、スマホユーザーは、かなり高い確率でLINEを利用しています。

スマホに乗り換える動機として、LINEは無視できない要素と言えるでしょう。

出典:データを基に編集部が作成
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!2月6日(火) 16:00まで