「年金の振込金額が少なかった問題」の詳細判明。15万人の年金に対して22億円もの影響

[2018/3/27 00:00]

2月振り込まれた年金の金額が少なかった問題

日本年金機構が「2018年2月に振り込まれた年金の金額が不足した」件について、詳細な情報を公開しました。

この問題は、日本年金機構が年金の支給額を決めるのに必要な「扶養親族等申告書」という書類の入力を委託した業者が、「入力の誤り」や「入力漏れ」を起こしたものです。

これによって、2018年2月に振り込まれた年金額について、控除の計算が正しく行なわれず、本来の金額よりも少なくなるという事故が発生しました。

15万人の年金に、22億円もの影響

今回の発表によれば、「入力の誤り」によって7万人、「入力漏れ」によって7万9千人の年金支給額に影響が出ました。

合わせて「14万9千人」の年金に影響が及んだことになります。

また、年金の振り込み金額への影響額は、一人当たり最大「5万円」に達しており、該当者の生活への影響が心配される水準となっています。

年金への影響の総額は「21億9,300万円」でした。

つまり、日本年金機構による委託業者の管理が不行き届きだったことより、約15万人の年金に対して、約22億円もの影響が出たことになります。

この件に関しては、下記のような専用ダイヤルが用意されました。

日本年金機構によれば、2018年3月27日以降は、自分が入力漏れや入力誤りに該当しているかどうかが確認できるようになるとしています。

源泉徴収お問い合わせダイヤル Tel.0120-051-217 (平日8:30~17:00)

日本年金機構による発表内容

出典:日本年金機構
[シニアガイド編集部]