現役正社員の85%は「65歳までは働きたい」と思っている

[2019/6/19 00:00]

現役正社員へのアンケート

人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンが「人生100年時代の働き方」のアンケート結果を公開しています。

2019年6月に行なわれたインターネットアンケートには、20代から60代までの現役正社員566人が回答しています。

「65歳まで」働きたい人が多い

「何歳まで働くつもりか」という質問で、一番多い答えは「65歳まで」でした。

回答者全体の37%を占めます。

これに「70歳まで」と「71歳以上」を足すと、現役正社員の85%は、「少なくとも65歳までは働きたいと思っている」ことが分かりました。

逆に、「60歳以前」に、早期に退職したいという人は15%しかいません。

出典:データを基に編集部が作成

「60代」の過半数は「70歳まで」働きたいと思っている

面白いことに、この質問の回答は、回答者の年齢によって大きく変わります。

回答者が若いほど「60歳以前」が多く、年齢が高くなるほど「70歳まで」が増えていきます。

つまり、自分が若いうちは「早く退職したい」と考えていますが、定年が近くなると「できるだけ仕事から離れたくない」と思う人が多いのです。

出典:ロバート・ウォルターズ・ジャパン

60代になると賛成が増える「役職定年制度」

55歳前後に達したら管理職から外れる「役職定年制度」については、「賛成」よりも「反対」の方が少し多くなっています。

そして、回答者の年齢が若いほど「賛成」の人が多く、年齢が高くなるほど「反対」が増えていきます。

特に、役職定年の時期である「50代」では、「反対」が46%もいるのに、「賛成」は21%しかいません。

しかし、役職定年の時期を過ぎた「60代」になると、「賛成」が47%まで増えます。

つまり、役職定年の時期が過ぎると、実は悪い制度ではなかったと思う人が多いのです。

50代は手にした「役職」を手放したくないと思っていますが、60代になって思い返してみると「役職」を手放したことによって、別の生き方が見えてくるのかもしれません。

出典:ロバート・ウォルターズ・ジャパン
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/9(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/9(火)16:00まで