一番多い英語学習法は「YouTubeなどの動画を観る」

[2019/7/25 00:00]

ビジネスマンに聞いた英語学習

日本国内でTOEIC Programを実施している「国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)」が、英語学習についてのアンケート結果を公開しています。

2019年6月に行なわれたインターネットアンケートには、20代~50代の有職者500人が回答しています。

英語を学習中の人は2割

英語を学習中の人は、回答者の約2割でした。

出典:データを基に編集部が作成

「海外旅行」や「キャリアアップ」が目的

「英語を学習している理由」で、一番多いのは「海外旅行での会話」でした。

「キャリアアップ/転職活動」と、「外国人旅行者と会話」が続きます。

これ以外では「洋書を原文で読んだり、映画/ドラマを字幕なしで見たい」や、「国際的なイベントのボランティアに参加する」などが挙がっています。

出典:データを基に編集部が作成

1週間の学習時間は「1時間未満」が最多

「1週間のうち、英語学習に割いている時間」を聞いています。

一番多いのは「1時間未満」でした。

回答者の半分以上は「2時間未満」、7割以上は「3時間未満」しか時間を割けていません。

仕事を持っている人は、意欲があっても、なかなか学習に時間が割けない様子がうかがえます。

出典:データを基に編集部が作成

人気のある学習方法は「YouTubeなどの動画を観る」

「英語の学習方法」で一番多いのは、「YouTubeなどの動画を観る」でした。

そして、「教材/テキスト本」と「英語/英会話スクール」が続きます。

YouTube以外でも、「オンライン英会話レッスン」や「スマホアプリ」など、スマホがあれば場所や時間を選ばない方法も普及しています。

出典:データを基に編集部が作成
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで