東京周辺の葬儀費用は「140万円」、宗教者に「41万円」

[2019/8/8 00:00]
出典:くらしの友

喪主として葬儀を行なった人へのアンケート

冠婚葬祭互助会の「くらしの友」が、葬儀の主催者である「喪主(もしゅ)」を経験した人へのアンケート結果を公開しています。

2019年6月に行なわれたインターネット調査には、過去5年以内に3親等以内の故人の葬儀を、喪主として行なった400人が回答しています。

回答者は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住する40代から70代の男女です。

困ったことがあった人は27%

「葬儀の喪主を経験して困ったことはありましたか」という質問に対して、「あった」という人は27%でした。

実際に葬儀を行なってみて、困ったことがあった人は、全体の4分の1ぐらいに留まっています。

出典:データを基に編集部が作成

「葬儀」や「お布施」の相場が分からない

困ったことがあったと回答した人に、その内容を聞いています。

一番多いのは「葬儀費用の相場がわからない」でした。

次に多いのは「心づけや僧侶へのお布施の額がわからなかった」です。

いずれも、お金に関することであり、どれぐらいにすれば良いのか相場が分からず困るのです。

出典:データを基に編集部が作成

葬儀に140万円、宗教者の41万円が平均

実際には、葬儀にどれぐらいの費用が掛かるのでしょう。

葬儀を行なった葬祭業者に払った金額の平均は「140万8,800円」でした。

また、宗教者に要した金額は、戒名料なども含めて「41万6千円」でした。

両方を合わせると、180万円ぐらいが目安のようです。

出典:データを基に編集部が作成

費用の負担は「故人の資産」と「喪主」が中心

葬儀について、「香典でまかなえなかった分の費用を誰が負担したか」を聞いています。

一番多いのは「故人の資産」でした。ほぼ半分を占めています。

次に多いのが「喪主」で、2割を超えています。

葬儀の費用の負担は、「故人の資産」と「喪主」の2つが中心で、「喪主以外の親族」などが費用を負担することはあまり多くないようです。

親族からお金を貰うときは、香典という形をとることが多いのでしょう。

出典:データを基に編集部が作成
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/9(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/9(火)16:00まで