1万社に聞いた「消費税増税」の影響。反動で売上が減少

[2019/11/28 00:00]

1万社に聞いた「消費税増税」

企業情報調査企業の帝国データバンクが、2019年10月に行なわれた「消費税増税」前後の状況についての調査結果を公開しています。

調査は、消費税増税前の「駆け込み需要」と、増税後の「反動減」がテーマとなっています。

この調査は、2019年10月に企業を対象として行なわれ、1万113社が回答しています。

駆け込み需要があったのは4分の1

消費税が上がる前の、税金が安いうちに買い物をすることを「駆け込み需要」と言います。

今回の増税で「駆け込み需要があった」という企業は、4社に1社でした。

多くの企業は「駆け込み需要はなかった」と回答しています。

出典:帝国データバンク

駆け込み需要があったのは「小売」

業界別に見ると、駆け込み需要があったとする企業は「小売」で多く、58.7%と半分を超えました。

時期的には、増税直前の2019年9月になってからという企業が多いようです。

「小売」以外で、「駆け込み需要があった」という企業が50%を超えた業界はありません。

「反動減」はあったか

消費税増税前の駆け込み需要によって、商品の需要が先取りされてしまい、増税後の売れ行きが下がることを「反動減」と言います。

「駆け込み需要があった」という企業のうち、「反動減がある」としているのは5割ほどでした。

出典:帝国データバンク

特に「小売」では7割以上の企業が「反動減がある」としています。

つまり、それだけ売上が落ちているということです。

出典:帝国データバンク

年末にかけてセール情報などに注意

今回の調査によって、「小売」の業界は、消費税増税の前後に「駆け込み需要」や「反動減」によって大きな影響を受けたことが分かりました。

「小売」は、多数の消費者と接する分野だけに、消費者の動向が直接反映されたのです。

特に今回の消費税増税では、食品を主な対象とする「軽減税率制度」が導入され、小売の企業にはレジなどの設備投資の負担がのしかかっています。

多くの企業が売上の低下を感じている現状を見ると、今後は売上を回復するためのセールなどが行なわれやすくなるでしょう。

これからは、冬のボーナス商戦や年末年始の休暇など、家計の消費が増える時期です。

増税対策やセールなどの情報に注意して、無駄のないお金の使い方をしましょう。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで