名古屋市の夜間営業時間短縮が愛知県全体に拡大。期間も1月11日まで延長

[2020/12/17 00:00]

一部繁華街から県全体へと拡大

愛知県は、名古屋市の一部で実施していた、酒を提供する飲食店などの営業時間短縮要請を、愛知県全体に拡大します。

愛知県では、11月29日から12月18日までの20日間、名古屋市の栄(さかえ)と錦(にしき)の両地区に限定して、営業時間の短縮を要請していました。

これまでは名古屋市の一部だけが対象だった 出典:愛知県

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないため、対象地域を一気に愛知県全体に広げます。

また、自粛要請の期間を、2021年1月11日まで延長します。

これにより、年末年始は、愛知県全体で、酒を提供する飲食店の営業時間が、5時から21時の範囲に短縮されます。

出典:愛知県

お酒を提供する店は夜9時で閉店

営業時間の短縮要請の対象となるのは、次の店舗です。

  • 接待を伴う飲食店(キャバレー、ホストクラブなど)
  • 酒類を提供する飲食店(バー、クラブ、居酒屋など)
  • 酒類を提供するカラオケ店

つまり、お酒を提供するお店は、ほぼすべてが夜9時で閉店することになります。

なお、これらの店舗であっても、新型コロナウイルスの感染防止ガイドラインを遵守せず、「安心・安全宣言施設ステッカー」を掲示していない場合は、営業時間の短縮ではなく、「休業を要請」されます。

また、営業時間短縮の要請に伴ない、1店舗あたり1日4万円、最大で100万円の「感染防止対策協力金」が用意されます。

出典:愛知県
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/9(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/9(火)16:00まで