日本の人口は「1億2,614万人」。5年間で94万人も減少

[2021/12/3 00:00]
赤は人口が増えた県 出典:総務省のデータをもとに編集部が作成

人口の減少が続く

総務省が、2020年に行なわれた国勢調査の結果を公開しています。

2020年10月1日時点の人口は「1億2,614万6,099人」でした。

これは、前回の2015年に比べて、94万9千人減少しています。

人口の減少率で見ると、0.7%の減少となります。

国勢調査では、2010年の「1億2,805万7,352人」をピークにして、人口が減り続けています。

出典:総務省

男性よりも女性の方が多い

性別の人口は、男性が「6,139万9,581人」、女性が「6,479万6,518人」で、女性の方が多くなっています。

女性100人に対する男性の数で示す人口性比は「94.7」でした。

人口性比は下がり続けており、女性に対する男性の数が少なくなっています。

出典:総務省のデータをもとに編集部が作成

「65歳以上の人口」が世界最高

一般に、人口の年齢構成を見るときは、次のように3つの区分に分けます。

  • 15歳未満 年少人口
  • 15歳~64歳 生産年齢人口
  • 65歳以上 老年人口

今回の調査では、65歳以上の「老年人口」の割合が、過去最高の「28.6%」となりました。

一方、15歳未満の「年少人口」は、過去最低の「11.9%」でした。

総務省によれば、「老年人口」の割合は世界でもっとも高く、「年少人口」の割合は世界でもっとも低いとしています。

出典:総務省

人口が増えた県は8つだけ

日本全体の人口は減っていますが、一部の地域では、他県からの流入などで人口が増え続けています。

今回の国勢調査では、次の8つの都道府県で、人口が増えていました。

  • 東京都
  • 沖縄県
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 愛知県
  • 福岡県
  • 滋賀県

東京や名古屋、福岡などの大都市とその周辺が中心です。

特に東京都は、この5年間で「3.9%」も人口が増えています。

一方、人口の減少が激しい県の上位5つは次の通りです。

  • 秋田県
  • 岩手県
  • 青森県
  • 高知県
  • 山形県

秋田県の人口減少率は「6.2%」でした。

秋田県の人口は、実数でも、前回の102万人から95万人に減少し、100万人の大台を割ってしまいました。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで