厚労省の資料で分かった、新型コロナワクチン3回目の接種の日程とピーク

[2021/12/25 00:00]

「3回目の接種」についての資料

新型コロナウイルス感染症の、3回目のワクチン接種についての資料が、厚労省の会議にて公開されました。

その中から、「3回目の接種時期」と「3回目の接種を受ける手順」について紹介します。

3回目の接種のカレンダー

3回目のワクチン接種については、当初は「2回目の接種から8カ月後」とされていました。

その後、感染症の流行を抑えるために、次のように早められました。

  • 医療従事者の接種は2カ月前倒しする
  • 高齢者施設の入所者や従事者について、接種を2カ月前倒しする
  • 2022年の2月以降は、一般の高齢者についても1カ月前倒しする
  • 一般(非高齢者)は、高齢者施設関係者を除き、従来通り8カ月後
  • 職域接種も従来通り8カ月後

これにより、それぞれの日程は下図のようになります。

自分が2回目の接種を行なったのはいつかを規準にして確認してください。

出典:厚労省

ワクチンの配送量を見ると、接種のピークは次のようになります。

  • 医療従事者は、2021年12月に始まり、2022年1月までに、ほぼ終了
  • 高齢者の接種のピークは、2022年2月
  • 一般(非高齢者)のピークは、2022年4月~5月
  • 職域接種のピークは、2022年4月
出典:厚労省

「接種券」が届いてから予約

最後に、3回目の接種を受ける方法を確認しましょう。

接種に必要な接種券は、もよりの市区町村から送られてきます。

手元に接種券が届いたら、接種する医療機関や会場を選んで予約してください。

また、1回目と2回目の接種をまだ受けていない場合は、2022年9月30日までは、無料で受けられます。

これからでも間に合いますので、これを機会に、改めて検討してください。

出典:厚労省
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで