沖縄県、新型コロナが「第6波」に突入。9割以上がオミクロン株

[2022/1/7 00:00]
出典:沖縄県

オミクロン株に置き換わり

沖縄県の玉城デニー知事は、4日、新型コロナウイルス感染症についてコメントを公開しました。

玉城知事は、ここ数日の急速な感染拡大についてオミクロン株によるものであると示唆しました。


 拡大の要因としましては、急速なオミクロン株への置き換わりがあります。

 基地関係者を中心に確認されていたオミクロン株ですが、現在市中でも感染が確認されており、国立感染症研究所の調査によれば、12月30日時点の直近5日間でオミクロン株が疑われる症例の占める割合は15%から97%に上昇しています。

 オミクロン株はこれまでの株と比較して感染性が高く、感染者数が2倍になる期間はデルタ株の7日間に対し、およそ2.8日と非常に短くなっています。

すでに「第6波」に突入

また、現状について「20代~40代の感染者が多く、飲食による感染事例も増加していることを鑑みると、県としましては、もはや第6波に突入したものと認識しております」と、「第6波」の到来を宣言しました。

県民に対しては、「感染防止対策を徹底することができれば、拡大のスピードを抑え、流行を抑えこむことが可能です。県民の皆様、体調管理や基本的な感染防止対策を引き続き実践してください。不安がある方は、ぜひ無料検査をご利用下さい」と呼びかけています。

知事のコメント公開後も、沖縄県の新規陽性者は増え続けており、1月6日は「981人」に達しました。

そして、沖縄県以外でも、オミクロン株の市中感染が見つかった県が増えています。

マスクを着用し、人混みを避けるなど、基本的な感染予防対策を心がけてください。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで