2021年の交通事故による死者は戦後最少の「2,636人」

[2022/1/12 00:00]

5年連続で最少を更新

警察庁によれば、2021年の交通事故による死者は「2,636人」でした。

これは、前年よりも203人少なく、5年連続で戦後最少を更新しました。

出典:警察庁

交通事故死の半分以上は「高齢者」

交通事故死者のうち、65歳以上の高齢者は「1,520人」でした。

こちらも、前年より76人少なく、減少傾向にあります。

しかし、高齢者は交通事故死全体の57.7%と、半分以上を占めています。

人口10万人当たりの死者数でも、全体では「2.09人」ですが、高齢者は「4.22人」と多く、交通事故で死亡する確率が高いことが分かります。

出典:警察庁

死者が多いのは「神奈川」

都道府県別の交通事故死者数を見てみましょう。

死者数が一番多いのは「神奈川」でした。

上位5つは、次の通りです。

  • 神奈川 142人
  • 大阪 140人
  • 東京 133人
  • 千葉 121人
  • 北海道 120人

逆に交通事故死が一番少ないのは「島根」です。

  • 島根 10人
  • 鳥取 19人
  • 佐賀 23人
  • 山形 24人
  • 高知 25人

死亡率が高いのは「徳島」

しかし、「人口10万人当たりの死者数」で見ると、だいぶ様子が変わります。

一番多いのは「徳島」でした。

  • 徳島 4.45人
  • 山梨 3.95人
  • 香川 3.89人
  • 愛媛 3.75人
  • 高知 3.62人

一方、「人口10万人当たりの死者数」が一番少ないのは「東京」です。

東京都は、人口が大きいため交通事故死も多いのですが、10万人当たりの割合で見ると、交通事故で死ぬ機会は少ないのです。

  • 東京 0.95人
  • 島根 1.49人
  • 神奈川 1.54人
  • 愛知 1.55人
  • 大阪 1.58人
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで