60代のスマホ所有率は91%、70代も70%に届く

[2022/4/14 00:00]

シニアのスマホ所有率調査

NTTドコモ モバイル社会研究所が、高齢者のスマートフォン(スマホ)所有率を公開しています。

2022年1月に行なわれた調査には、関東一都六県の60歳~79歳の男女709人が回答しています。

「60代」のスマホ率は91%

今回の調査では、「60代」のスマホ所有率は「91%」でした。

昨年の80%に比べて、11%も増えています。

「フィーチャーフォン(ガラケー)」の所有率は「9%」、スマホ・ケータイを所有していない人は2%で、いずれも減少が続いています。

60代のスマホ・ケータイ所有状況 出典:NTTドコモ モバイル社会研究所

「70代」のスマホ率は70%

「70代」でも、スマホの所有率は上がり「70%」に達しました。

「ガラケー」の所有率は「22%」、スマホ・ケータイを所有していない人は9%で、いずれも減少が続いています。

70代のスマホ・ケータイ所有状況 出典:NTTドコモ モバイル社会研究所

60代の6割は5年以上使っている

スマホに移行してからの期間を聞いています。

60代は5年以上前からスマホを所有している人が、6割を超えています。

60代は、早めにスマホにした人が多いことが分かります。

70代は、スマホにしてから2年未満が2割弱いる一方、7年以上も2割強います。

70代は、最近スマホにしたばかりの人と、早くからスマホに移っていた人に分かれています。

シニアのスマホ所有期間 出典:NTTドコモ モバイル社会研究所
[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで