「2016年版 住みたい田舎ベストランキング」は「兵庫県朝来市」と「鳥取県岩美町」が同率1位

[2015/12/29 02:09]

【お知らせ】最新の「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表されています。

総合1位の朝来市は雲海に浮かぶ「竹田城跡」で有名

田舎暮らし専門雑誌が選定したランキング

宝島社の田舎暮らし専門月刊誌「田舎暮らしの本」が、田舎暮らしの魅力を数値化し「2016年版 住みたい田舎ベストランキング」という形で発表しています。

これは、「田舎暮らしの本」が、定住促進に積極的な市町村を対象に、10ジャンル全106項目のアンケートを実施して選定したもので、アンケートに回答した574の市区町村が対象となっています。

アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる10ジャンルを基にしています。

その項目は、「移住者歓迎度」「移住者支援制度の充実度」「移住者受け入れ実績」「老後の医療介護体制」「子育てのしやすさ」「都市住民との交流」「日常生活」「交通の便」「自然の豊かさ、伝統的な景観・文化の保全」「災害リスク」です。

総合ランキングのベスト10

総合ランキングの1位は、「兵庫県朝来(あさご)市」「鳥取県岩美(いわみ)町」が同率で獲得しました。いずれも「子育て、住宅、雇用など移住者支援が充実している」など総合的に点数が高かったことから選ばれています。

朝来市は「竹田城跡」で、岩美町は「山陰海岸ジオパーク」という観光地でも有名です。

3位は、「佐賀県武雄市」「大分県豊後高田市」「大分県宇佐市」の3市が同率となっています。

以下、6位に「長野県伊那市」、7位が「島根県大田市」「島根県飯南町」、9位が「鳥取県鳥取市」、10位が「富山県南砺市」「長野県飯島町」となっています。

「村」部門や「移住者数」部門も発表

部門別ランキングでは、「村」部門で「長野県青木村」、「移住者数」部門で「石川県能美市」、「子育て世代にぴったりな田舎」部門で「長野県伊那市」「兵庫県洲本市」が選ばれています。

ランキングの詳細は、2015年12月29日発売の「田舎暮らしの本」2月号に掲載されています。また、記事の一部は雑誌のホームページでも閲覧できます。

[シニアガイド編集部]