70代のスマホ所有率が、初めてガラケーを上回る

[2019/3/22 00:00]

70代にもスマホが普及

70代のスマートフォン(スマホ)所有率が、初めてフィーチャーフォン(ガラケー)を上回ったことが分かりました。

これは、NTTドコモ モバイル社会研究所の調査によるものです。

2019年1月に、関東1都6県の60歳~79歳の男女を対象に行なわれた調査には、506人が回答しています。

70代でもガラケーを上回る

「70代」のスマホ所有率は「43%」でした。

これはガラケーの「39%」よりも多く、初めてスマホを持つ人の方が多くなりました。

出典:データを基に編集部が作成

「60代」のスマホ所有率は「70%」でした。

ガラケーの「29%」の2倍以上となっています。

60代では、2018年の調査からスマホの方が多くなっています。今年はさらに差を広げ、60代の7割が「スマホ持ち」になっています。

出典:データを基に編集部が作成

70代のスマホ普及速度に注目

「70代」のスマホ所有率がガラケーを上回ったとはいえ、まだ、差は数%しかありません。

しかし、2018年に先にスマホが多くなった「60代」では、翌年からは一気にスマホの割合が高くなっています。

「70代」も同じように、急速にスマホが普及するのかどうか、早くも来年の調査結果が注目されます。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/8(火)16:00まで