離れて暮らす親の様子を教えてくれる見守りサービス「ドシテル」

[2019/5/27 00:00]

見守りサービス「ドシテル」

日立グローバルライフソリューションズは、見守りサービス「ドシテル」の申し込みを6月17日から受付開始します。

「ドシテル」は、離れて暮らす単身高齢者の様子をスマートフォンで確認できる見守りサービスです。

専用の活動センサーを利用

「ドシテル」は、高齢者の様子を知るために、部屋の壁などに設置した専用の活動センサーを使用します。

出典:日立グローバルライフソリューションズ

センサーの情報は、無線LANルーターを通じて、サーバーに蓄積します。

出典:日立グローバルライフソリューションズ

家族は、専用のスマートフォンアプリを通じて、単身高齢者の様子をリアルタイムで確認できます

出典:日立グローバルライフソリューションズ
出典:日立グローバルライフソリューションズ

月額料金は3,980円から

「ドシテル」の利用料金は、2通りのプランが用意されています。

一つは、センサーの設置料など初期費用に45,000円を払い、月額料金が3,980円です。

もう一つは、初期費用はなく、月額料金が5,980円となります。

価格はいずれも税抜きで表示しています。

いずれも月額料金には、標準サービス利用料、無線LANルーターのレンタル料、通信料が含まれます。

サービスの申込みは、インターネットで受け付け、最短で10営業日程度で設置が終了します。

無線LANルーターやインターネット回線は「ドシテル」の専用で、パソコンやスマートフォンのWi-Fi端末としては利用できません。

将来のサービス提供のための第一歩

「ドシテル」の特徴は、活動センサーと無線LANベースのインターネット接続の2点にあります。

活動センサーは、1台のみ提供されます。センサーは、10畳程度の広さの人の行動を把握でき、リビングルームなどへ設置することが想定されています。

本人の姿が見えるカメラを使っていないことや、複数の部屋を対象にしていないのは、高齢者のプライバシーへの配慮でしょう。

また、無線LANルーターや接続サービスまでセットにしているのは、セキュリティの問題と、将来の発展性を見込んでいるためでしょう。

「ドシテル」は日立の家電製品部門である日立グローバルライフソリューションズが手がけるスマートライフ事業の第一弾です。

つまり、今後登場するスマート家電と連携したサービスが予定されています。

例えば、冷蔵庫の使用頻度を報告したり、熱中症を予防するためにエアコンの冷房をオンにしてリビングルームを冷やすなどのサービスが考えられます。

その際にセキュリティに優れた専用の回線を確保していれば、貴重なインフラとして利用できます。

つまり、「ドシテル」は、単体の見守りサービスとしてよりも、今後展開されるスマートライフ機器類も含めて評価すべきシステムなのです。

これを最初の一歩として、さまざまなサービスが提供されることが期待されます。

[シニアガイド編集部]
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで
読者アンケート実施中!Amazonギフト券10,000円分が当たる!2/14(火)16:00まで